眠れない夜が無くなる?おすすめの睡眠法6選を紹介!

眠れない夜に、睡眠法を試したという方も多いのではないでしょうか?

色々な睡眠法があるので、どれが効果的かわからない場合もありますよね。

今回のブログでは、眠れない夜が無くなる?おすすめの睡眠法をいくつか紹介していきます!

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用しています。

おすすめの睡眠法6選!

おすすめの睡眠法①認知シャッフル睡眠法

おすすめの睡眠法の1つ目は、認知シャッフル睡眠法です!

認知シャッフル睡眠法は、寝る前に考え込んでしまう人などにおすすめの睡眠法になっています。

認知シャッフル睡眠法は、できるだけ簡単な単語を思い浮かべて、頭を使わないことが大事です。

やり方の例は、『かめ』でスタートした場合『か』から始まる単語をひたすら思い浮かべるだけになっています。

『か』で思いつく単語が無くなれば、最後に出た『か』に続く文字で、同じように繰り返して行くだけです。

眠れると噂の認知シャッフル睡眠法とは?やり方を紹介!

おすすめの睡眠法②アリス式睡眠法

おすすめの睡眠法の2つ目は、アリス式睡眠法です。

ネットなどでも話題になっていた睡眠方法で、スッキリ眠れるようになると注目されていました。

アリス式睡眠法のやり方は、寝具の上であぐらをかいて目をつぶり、眠っている時と同じような呼吸をします。

目を閉じながら浮かんできた映像を見続け、半分睡眠状態に陥ったと感じたら、横になるだけです。

アリス式睡眠は、頭を空っぽにするのがポイントになっています。

絶対に眠れる?アリス式睡眠法のやり方を紹介!

おすすめの睡眠法③4-7-8呼吸法

おすすめの睡眠法の3つ目は、4-7-8呼吸法です。

誰でも簡単に実践できる睡眠法になっています。

4-7-8呼吸法のやり方は、息を吐き切った後に、鼻から息を吸いながら4秒、そのまま息を止めて7秒、息を8秒かけて吐き出す。

この動作を何回か繰り返すというのが、4-7-8呼吸法です。

眠れるだけじゃない?478呼吸法のやり方と効果を紹介!

おすすめの睡眠法④筋弛緩法(きんしかんほう)

おすすめの睡眠法の4つ目は、筋弛緩法になっています。

筋弛緩法は、体の色々な部分の筋肉を使った睡眠法です。

やり方は、手・上腕・背中・肩・首・顔・腹部・脚の下・脚の上・全身の順で、筋肉に10秒力を入れて20秒脱力します。

筋弛緩法は、一部分だけやっても効果が得ずらいので、順番に全身やるのがいいでしょう。

睡眠の質が改善する?筋弛緩法の効果とやり方を紹介!

おすすめの睡眠法⑤米軍式睡眠法

おすすめの睡眠法の5つ目は、米軍式睡眠法です。

軍隊式睡眠法とも言われている方法で、睡眠の質が改善すると注目されていました。

米軍式睡眠法のやり方は、深呼吸しながら顔の筋肉をほぐしていき、背中や肩や腕や首もリラックスさせていきます。

深呼吸しながら徐々に力を抜いていき、胸や胴や脚の力を抜き、寝具に沈み込むような感覚にして頭を空っぽにするという方法です。

全身をリラックスさせるのと、頭を空っぽにするのが大きなポイントになっています。

米軍式睡眠法はウソ?効果とやり方を紹介!

おすすめの睡眠法⑥内部体温を下げる

おすすめの睡眠法の6つ目は、内部(深部)体温を下げるです。

表面的な体温ではなく、脳や体の内部の体温が上がっていると、寝付けなくなったり、睡眠の質が低下してしまいます。

やり方は、首ではなく脳の部分を冷やすということです。

耳から上の部分に冷たいタオルや、アイスノンなどを使って脳を冷やしてください。

他にも、手のひらや足の裏などを冷やすことで、内部の体温を下げることができます。

眠れない理由は内部体温?下げる方法と注意点を紹介!

まとめ

今回のブログでは、眠れない夜におすすめの睡眠法を6つ紹介していきました。

色々な睡眠法があるので、眠れない夜が続いている方や睡眠の質を上げたい方は、是非試してみてくださいね!