オオカミ型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間

オオカミ型のクロノタイプは、全人口の15%以上だといわれています。

クロノタイプのオオカミ型は、どのような活動時間が理想なのかご存知でしょうか?

活動時間だけでなく、理想の睡眠時間を知ることで、日々のパフォーマンスがアップする可能性があります!

今回のブログでは、オオカミ型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間を紹介していきます。

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

オオカミ型のクロノタイプとは?

オオカミ型のクロノタイプとは、基本的に朝が弱い傾向があります。

しかし、夜更かしなどが得意で、クリエイティブな発想を持っている方が多いとされているタイプです。

気分屋で新しいモノが好きなオオカミ型は、繰り返す作業などを苦手としています。

考えることの好きなオオカミ型は、朝よりも夕方や夜にパフォーマンスがアップするタイプになっています。

オオカミ型のクロノタイプの理想の活動時間

オオカミ型の理想の活動時間

クロノスタイプのオオカミ型の理想の活動時間は、上記の通りになっています。

朝が苦手なオオカミ型の方は、基本的に17時~0時まで間がもっともパフォーマンスがアップするとされているタイプです。

そのため、午前中よりも15時以降などに、効率の良い仕事をするのがおすすめだとされています。

夜更かしをしやすいタイプでもあるので、リラックスタイムや睡眠時間の確保が重要なポイントです。

オオカミ型におすすめの運動・休息時間

クロノタイプのオオカミ型の方におすすめの運動時間と、休息時間は上記の通りになっています。

朝が弱いオオカミ型の方は、午前中に目を覚ます為にストレッチするのもおすすめです。

昼寝などをすることで、夜に目が覚めてしまう方は、昼寝はおすすめではありません。

オオカミ型は、夜に考え事や作業をこなすのが得意なので、夜更かしをしてしまった場合などは、昼寝をしてパフォーマンスを上げるのも良いでしょう。

オオカミ型のクロノタイプ理想の睡眠時間

クロノタイプのオオカミ型の理想の睡眠時間は、7時間以上だとされています。

オオカミ型は、集中してしまうと夜更かしをする傾向があるので、睡眠時間をきちんと決めるのがおすすめ。

夜型のタイプですが、お昼にしっかりとタイムスケジュールが組まれている場合などのために、寝る時間を決めておくのが良いでしょう。

油断してしまうと、体内時計が徐々に遅くなっていってしまう可能性があるので、注意が必要です。

休みの前日なども、しっかりと同じ時間に眠るように心がけるのがおすすめです。

まとめ

今回のブログでは、クロノタイプのオオカミ型の理想の活動時間と睡眠時間を紹介していきました。

オオカミ型は、夜にパフォーマンスがアップするタイプですが、夜更かしをすれば良いというわけではありません。

しっかりと睡眠時間を決めて行動するのがおすすめになっているので、是非参考にしてみてくださいね。