眠れると噂の認知シャッフル睡眠法とは?やり方を紹介!

眠れると噂の認知シャッフル睡眠法というモノを、ご存知でしょうか?

色々な睡眠法があり、眠れない日に検索したり試したりする方も多いですよね。

認知シャッフル睡眠法は、簡単に実践できる睡眠法になっているので、やり方も簡単です。

今回のブログでは、眠れると話題の認知シャッフル睡眠法とはなにか?やり方を紹介していきます!

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用しています。

認知シャッフル睡眠法とは?

そもそも認知シャッフル睡眠法とは?と思っている方も多いですよね。

認知シャッフル睡眠法とは、カナダの有名な学者が提案した睡眠方法になっています。

睡眠は、体を疲れを取るだけでなく、脳を休ませる為にも重要です。

考え事をしていたり、ストレスが溜まっていると、十分に休んだ気になれませんよね。

認知シャッフル睡眠法とは、考えて眠れない時に、脳の動きを徐々に眠りへと誘う睡眠法だとされています。

明日のことが頭から離れない時や、ぐるぐると考えてしまう方などには、特におすすめです!

認知シャッフル睡眠法のやり方を紹介!

認知シャッフル睡眠法のやり方①単語を思い浮かべる

認知シャッフル睡眠法は、寝転んだまま行うことができます。

まず最初に、なるべく単純な単語を頭に思い浮かべてください!

単語を思い浮かべた時に、ストレスや考え事などに関連するモノはNGです。

認知シャッフル睡眠法のやり方②同じ始まりの単語を思い浮かべる

認知シャッフル睡眠法のやり方の2つ目は、同じ始まりの単語を思い浮かべるです。

目を閉じて、最初に連想した単語の1文字目を使って、他の単語を思い浮かべてください!

例えば、最初に『さかな』と思い浮かべたのなら、『さ』で始まる『さくら』➡『さんかく』という風に続けます。

しりとりにならないように、気を付けてくださいね。

できるだけ、前の単語に関連のないモノを思い浮かべることで、より効果的があるとされています。

認知シャッフル睡眠法のやり方③2文字目の言葉を思い浮かべる

認知シャッフル睡眠法のやり方の3つ目は、2文字目の言葉を思い浮かべるです。

『さ』という単語が思いつかなくなったら、最後に出た単語の2文字目を使っていきます。

例えば、『さる』などで終わった場合、『る』から始まる『ルビー』などで、また認知シャッフル睡眠法を開始してください。

認知シャッフル睡眠法のポイント

認知シャッフル睡眠法のポイントは、いくつかあります。

脳を休める為には、日々のストレスや考え事に関係の無い単語を思い浮かべるのが重要です。

しりとりや連想ゲームになってしまわないように、気を付けましょう。

例えば、『さかな』➡『さんま』などの魚関連にならないようにします。

『さかな』➡『さんぽ』などのように、できるだけ関係ないモノを思い浮かべてください。

認知シャッフル睡眠法の応用編!

寝ても眠たい原因は?対策方法を紹介!
寝ても眠たい原因は?対策方法を紹介!

認知シャッフル睡眠法の応用編を紹介していきます。

認知シャッフル睡眠法は、必ずしも自分でしなければならないというわけではありません。

その為、認知シャッフル睡眠法のアプリや動画などが人気です。

動画やアプリの音声を聞いて、そのまま思い浮かべることで、簡単に認知シャッフル睡眠法ができます。

他にも、最初の単語が思いつかない場合などは、1文字目だけ決めてから思い浮かべていくのもおすすめです!

まとめ

今回のブログでは、認知シャッフル睡眠法のやり方を詳しく紹介していきました。

いつでもどこでも実践できる睡眠法になっているので、眠れない夜などは1度試してみてくださいね!