目覚めが悪い?原因を紹介!

朝目覚めが悪いと、頭の回転が鈍くなったり、体がだるくなったりすることがあります。

目覚めが悪くなってしまう原因は、いくつかあり、何日も続いてしまう場合も多いです。

今回のブログでは、目覚めが悪い原因を生活習慣とその他に分けて紹介していきます!

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用しています。

目覚めが悪い原因ー生活習慣ー

生活習慣などによって、目覚めが悪くなる可能性があります。

個人差などもありますが、一般的に睡眠の質が低下し、目覚めが悪い原因になモノを紹介していきます。

目覚めが悪い原因①アルコール・カフェイン

目覚めが悪い原因の1つ目は、アルコールとカフェインです。

アルコールに関しては、少量を飲むことで睡眠しやすくなると言われています。

カフェインも眠る直前でなければ、過度に摂取しない限り睡眠や健康に弊害はありません。

しかし、どちらも過度な摂取は睡眠の質を低下させる可能性が高く、不眠状態になってしまう場合があります。

目覚めが悪い原因②ストレス

目覚めが悪い原因の2つ目は、ストレスです。

ストレスは、睡眠以外にも体に色々な影響を与えてしまいます。

目覚めが悪い原因にもなるストレスを感じることで、交感神経が活発になってしまうのです。

その為、脳や体が活性化し、熟睡できない状態になります。

環境の変化や人間関係などでストレスを感じている方は、効率よく発散するのがおすすめです。

目覚めが悪い原因③多忙

目覚めが悪い原因の3つ目は、多忙です。

ストレスと似ていますが、やることが多すぎると不安感を覚えてしまうことがあります。

眠る前にそれを思い出すことによって、体がリラックスできずに、眠りが浅くなってしまうのです。

しっかりと予定を立てて、頭の中を整理しておくことで、多忙による不安感を防ぐことができます。

目覚めが悪い原因④食事

目覚めが悪い原因の4つ目は、食事です。

食事の時間が遅すぎると、快眠を得られない場合があります。

基本的に、胃が食事を消化するには2~3時間かかると言われています。

その為、快眠を得るには最低でも3~4時間前に食事をしておく必要があるのです。

目覚めが悪い原因ーその他ー

目覚めが悪い原因には、生活習慣の他にも色々な理由があります。

生活習慣の他にも考えられる目覚めが悪い原因を紹介していきます。

目覚めが悪い原因①精神疾患・病気

目覚めが悪い原因の1つ目は、精神疾患や病気などです。

一般的に有名なのは、睡眠時無呼吸症候群やうつ病などが睡眠の質を低下させると言われています。

他にも、病気による痛みや発熱なども睡眠の質を低下させる原因です。

生活習慣にも心当たりがなく、眠った気がしないという方は、睡眠外来を受診してみるのもいいでしょう。

目覚めが悪い原因②ホルモンバランス

目覚めが悪い原因の2つ目は、ホルモンバランスです。

ホルモンバランスが乱れたり崩れたりすることで、睡眠の質が低下します。

加齢に伴い、ホルモンの分泌量が低下することによって、体内時計にも影響が出るのです。

体内時計が変化することで、眠りが浅くなってしまう場合があります。

目覚めが悪い原因③寝具

目覚めが悪い原因の3つ目は、寝具です。

寝具は、布団や枕やマットレスなど色々な種類のモノがあります。

自分の体型に合った寝具を使わないと、睡眠の質が低下する可能性が高いです。

睡眠だけでなく、体のゆがみや痛みに繋がるので、注意が必要です。

まとめ

今回のブログでは、目覚めが悪い原因をいくつか紹介していきました。

生活習慣や寝具などは、すぐに試すことができます。

自分に合った寝具やストレス発散法を見つけて、目覚めの良い朝を迎えてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です