睡眠に役立つクロノタイプとは?あなたのタイプは?

みなさんクロノタイプというのをご存知ですか?

クロノタイプには、4種類あると言われていて、自分がどのタイプか知っていると、睡眠に役立つ可能性があります!

今回のブログでは、クロノタイプとはなにか?と自分が何タイプなのか判断する基準を紹介していきます!

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用しています。

睡眠に役立つクロノタイプとは?

クロノタイプは、マイケル・ブレウスという睡眠学者が提言したモノです。

夜型と朝型などは、体質や遺伝子によって決まっているというモノで、それぞれにタイプがあるといわれています。

クロノタイプによって、自分に合った理想的なルーティンを作りだせれば、生産性や健康面などが向上すると考えられているのです。

クロノタイプは4種類

クロノタイプは、大きく4種類に分けられています。

それぞれクロノタイプは、動物のタイプに合わせて分けられていて、クマ・オオカミ・イルカ・ライオンです。

自分がどのクロノタイプなのか、下記の特徴に合わせてチェックしてみてくださいね!

あなたのクロノタイプは?

クロノタイプ①クマ

<<クマタイプの特徴>>
・外交的
・チャレンジ好き
・親切
・話しやすい
・少し人見知り
・楽しいことがすき

クロノタイプのクマは、全人口の半分以上だと考えられています。

クマタイプの特徴は、フレンドリーですが慣れ親しんだ環境を好む傾向にあると言われています。

お昼前から夕方にかけて徐々に疲れが出て来るタイプで、一般的な業務などが得意な特徴があります。

一番元気なのは、お昼前の時間になっているので、その時に最大限のパフォーマンスができます。

23時~7時頃までの睡眠が、一番最適とされているタイプです。

クロノタイプのクマの理想の活動時間と睡眠時間は?

クロノタイプ②オオカミ

<<オオカミタイプの特徴>>
・気分屋
・クリエイティブ
・刺激を覚える
・内向的
・気にしやすい
・考えることが好き

クロノタイプのオオカミは、全人口の1/4以下だとされています。

夕方から夜にかけて、オオカミ型はパフォーマンスがアップする傾向があります。

0時くらいに睡眠を開始するのがベストですが、体内時計がズレやすいタイプでもあり、注意が必要です。

起床してから、スイッチが入るまでに時間がかかってしまうタイプですが、夕方にかけてパフォーマンスが向上します。

オオカミ型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間

クロノタイプ③イルカ

<<イルカタイプの特徴>>
・知性が高い
・完璧主義
・リスクを避けがち
・繊細
・心配性
・タスク整理が得意

クロノタイプのイルカは、睡眠時間が短い傾向にあります。

朝早く目覚めることができるタイプですが、頭の回転が良い時間帯は午後です。

基本的に時間に左右されることなく、イルカタイプの方は行動できるとされています。

マルチタスクなどが得意で、全体的な生産性が良いとされていますが、疲労感を溜めやすいという欠点もあります。

イルカ型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間

クロノタイプ④ライオン

<<ライオンタイプの特徴>>
・現実的
・努力家
・注意力が高い
・野心家
・自発的
・計画性がある

クロノタイプのライオンは、朝に強いという特徴があります。

ライオンタイプは、目覚ましに関係なく朝目覚めることができるタイプで、午後よりも午前中の方がパフォーマンスが良いです。

午後にエネルギーが不足してしまう場合があり、目覚めた直後に仕事などをこなすのがおすすめ。

判断力などに長けているので、ライオンタイプの方はリーダー気質の人が多いです。

23時前に寝ることで、パフォーマンスが向上しやすいといわれています。

ライオン型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間

まとめ

今回のブログでは、クロノタイプの特徴などを紹介していきました。

クロノタイプによって過ごしやすいタイムスケジュールなどがあり、知っておくと生活に役立ちます。

次回のブログでは、クロノタイプ別に眠りやすい時間や、参考の過ごし方などを紹介していきます。