イルカ型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間

イルカ型のクロノタイプの方は、全人口の10%と言われて、他のタイプよりも少ない傾向があります。

このクロノタイプの方は、ショートスリーパーという特徴を持っています。

今回のブログでは、イルカ型のクロノタイプの理想の活動時間と睡眠時間を紹介していきます。

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

イルカ型のクロノタイプとは?

イルカ型のクロノタイプの方は、基本的に夜型の傾向があります。

完璧主義で、高い知性を持っているイルカ型のクロノタイプの方は、少しとっつきにくいと感じられる場合も。

スイッチの切り替えが苦手な傾向にあり、疲労感を溜めやすく、不眠症になってしまう方も多いです。

繊細な性格をしていて、マルチタスクなどをこなすのが得意です。

イルカ型の理想の活動時間

活動時間

イルカ型の理想の活動時間は、上記の通りになっています。

15時以降に集中力がアップする傾向がありますが、イルカ型のクロノタイプの方は常に集中力が高い傾向があります。

疲労感が溜まりやすいタイプになっているので、しっかりとリラックスできる時間が必要です。

おすすめの運動・休息時間

イルカ型のクロノタイプの方は、午後に激しい運動などをしてしまうと、眠りが浅くなってしまう可能性があります。

睡眠前などに運動をするのは、避けた方が良いでしょう。

午後に運動する場合などは、瞑想や軽めのストレッチや、もしくはヨガなどがおすすめです。

イルカ型の理想の睡眠時間

イルカ型のクロノタイプの方の理想の睡眠時間は、6時間以上です。

睡眠が短くても大丈夫なタイプとされていますが、疲れを溜めやすいので不眠症に注意が必要です。

しっかりとした睡眠を得るためには、スマホや電子機器などを寝る1時間程度前からオフにするのが理想だとされています。

健康意識が低いタイプともいわれているので、しっかりと休むことを心掛けてみてください。

まとめ

今回のブログでは、イルカ型のクロノタイプの方の理想の活動時間と睡眠時間を紹介していきました。

ショートスリーパーの方が多いタイプなので、記事を参考にしっかりとした睡眠を心掛けてみてくださいね。