布団の種類とサイズは重要?一覧で紹介!

快眠に眠るためには、布団の種類とサイズだけでなく、選び方が重要なポイントです。

普段、自分が使っている布団の種類をご存知ですか?

知らないという方も案外多いのではないでしょうか?

今回のブログでは、布団の種類やサイズだけでなく、正しい選び方も紹介していきます。

布団の種類を一覧で紹介

布団は、もちろん眠る時に使うものですが、機能などがそれぞれ異なっています。

選ぶ布団によって寝心地に違いがあるため、どの布団を選ぶかが、快眠を得るための重要なポイントになっているのです。

サイズを紹介する前に、布団の種類を一覧で紹介していきます。

布団の種類①羽毛・羽根布団

羽毛布団と羽根布団は、同じ素材として思われがちですが、実際には違う布団です。

どちらも、ガチョウやアヒルなどの水鳥の羽を使っており、

素材は同じではありますが、中に入っている羽毛(ダウン)と羽根(フェザー)の分量によって、布団の種類が変わります。

羽毛の量が多いものは、「羽毛布団」。

羽根の量が多いものは、「羽根布団」という種類になるのです。

どちらの布団も品質が良く長持ちするため、人気があります。

布団の種類②綿布団

日本で最も一般的に使用されているのが、綿布団です。

綿布団とは、中に綿が使用されている布団のことです。

木綿または真綿が使われていますが、基本的に木綿が使用されていることが多いです。

50%以上、綿が使用されている布団が、綿布団と呼ばれているものです。

布団の種類③羊毛・羊毛混布団

羊毛布団と羊毛混布団は、中に羊の毛を使用しているものです。

繊維の表面が独特な形状をしている羊毛は、保温性に優れています。

50%以上の羊毛と別の素材を組み合わせているものが羊毛混布団です。

布団の種類④化繊布団

化繊布団とは、化学繊維を使った綿の布団のことをいいます。

ポリエステル綿と呼ばれることもあり、木綿と混ぜて布団に使用しているものも多いです。

他の布団に比べて低価格で手に入ることもあり、人気があります。

布団の種類⑤その他

布団には、上記で紹介したものの他にも色々な種類があります。

例えば、オーガニックコットンなどを使用した抗アレルギー布団も人気です。

他にも、テンセル素材の布団や、形状記憶に特化した布団などがあります。

布団のサイズを紹介

布団には、色々なサイズがあります。

寝心地などにも関係しているので、布団のサイズ選びは重要なポイントの1つです。

敷布団と掛布団で、布団のサイズも変わります。

布団のサイズを一覧で紹介していきます。

布団のサイズ一覧

サイズ敷布団掛け布団
シングル100×210㎝150×210㎝
セミダブル120×210㎝170×210㎝
ダブル140×210㎝190×210㎝
クイン160×210㎝210×210㎝
キング170~200×210㎝230×210㎝

一般的には、1人の方はシングルもしくはセミダブル。

2人からはダブルなどそれ以上のサイズが一般的です。

体格や好みなどもありますが、寝返りをした際に体が布団からはみ出ないことが、布団選びの最も重要なポイントになっています。

キングサイズに関しては、お店によってもサイズ規定が異なる場合があるので、確認が必要です。

上記で紹介した布団のサイズの他にも、新生児・子供用のサイズなど、色々なものがあります。

まとめ

今回のブログでは、布団の種類とサイズを紹介していきました。

快眠を得られるよう、自分に合った布団の種類とサイズを選ぶ際に、是非参考にしてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です