寝る時の足の冷え

寝る時に足が冷えるのはなぜ?解消する方法は?

季節が変わり、寒くなってくると寝る時に足が冷えることがありますよね?

足元が冷えることによって、寝つきが悪くなることがあります。

靴下を履くのは良くないなど、色々な情報が飛び交っていますが、正しい解消方法を知りたいですよね。

今回のブログでは、寝る時に足が冷える原因と解消する方法を紹介していきます。

寝る時に足が冷えるのはなぜ?

そもそも、なぜ寝る時に足が冷えるのかご存知ですか?

人が眠りに入る時に、体温と睡眠の質は関係しています。

身体全体の体温を下げることで、自然に眠ることが出来るのです。

解消方法を紹介する前に、足が冷えてしまう主な原因を紹介していきます。

足が冷える原因①血行不良

寝る時に足が冷える主な原因の1つは、血行不良です。

血行不良は、寝る時に足が冷えてしまうだけでなく、むくみや肩こりや冷え性など色々な問題を引き起こすとされています。

冷え性の方などは、血行不良の場合が多く、寝る時に足が冷えてしまう原因になりやすいです。

運動不足やストレスだけでなく、食生活の乱れなどが血行不良の原因になっています。

足が冷える原因②自律神経の乱れ

寝る時に足が冷える原因の1つは、自律神経の乱れです。

自律神経が乱れていると、足が冷える原因になってしまいます。

足が冷える原因になる自律神経の乱れは、ストレスやホルモンバランスの乱れや食生活などが関係しているのです。

足が冷えるのを解消する方法は?

血行不良や自律神経の乱れによる足の冷えを解消する方法は、色々あります。

寝る時に足が冷えるのを解消する方法と注意点を3つ紹介していきます。

解消方法①靴下

寝る時に足が冷えるのを解消する方法の1つは、靴下です。

靴下を履いて眠るのは、良くないという意見も多いですよね。

しかし、素材やサイズなどを調節することで、足の冷えを防ぐことができます。

足の冷えを解消する為の靴下は、サイズが少し大きめで締め付けのない通気性の良いモノを選んでください。

吸水性や通気性が悪いと、汗をかいた際に逆に足が冷える原因になってしまうので、注意してくださいね。

解消方法②ストレッチ

寝る時に足が冷える原因を解消する方法の1つは、ストレッチです。

ストレッチといっても、5分程度の軽めの運動になっています。

しっかりとストレッチしてしまうと、目が覚めてしまう可能性があるので注意が必要です。

血の巡りを良くするために、足首を回したり太ももを伸ばすのがおすすめ。

解消方法③湯たんぽ

寝る時に足が冷えるのを解消する方法の1つは、湯たんぽです。

靴下を履くのが苦手な方や、足以外も冷えてしまう方に特におすすめの解消方法になっています。

湯たんぽは、寝る前に布団を温めておきたい方にも向いている解消方法です。

温めすぎると、足元が熱くなるので注意してくださいね。

まとめ

今回のブログでは、寝る時に足が冷える原因と解消方法を紹介していきました。

寝る時に足が冷えて眠れない時などは、是非解消方法を試してみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Call Now Button