梅雨は寝心地が悪くなる?原因と対策を紹介!

梅雨は寝心地が悪くなる?原因と対策を紹介!

梅雨の季節は、寝心地が悪くなったり、寝苦しい日々が続くという方も多いのではないでしょうか?

寝苦しい夜が続くと、ストレスが溜まってしまいますよね。

今回のブログでは、梅雨の時期に寝心地が悪くなったり寝苦しくなる原因と対策方法を紹介していきます!

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

梅雨は寝心地が悪くなる?

寝心地が悪くなる原因①湿度の高さ

梅雨に寝心地が悪くなる原因の1つ目は、湿度の高さです。

他の季節に比べて、梅雨の時期は特に湿度が高くなり、不快感を感じる方が多くなります。

外だけでなく、家や部屋の中の湿度も高くなってしまう為、寝心地が悪くなってしまうのです。

部屋の湿度だけでなく、布団の中の湿度も上がるので、不快感を感じる場合があります。

寝心地が悪くなる原因②体温

梅雨に寝心地が悪くなる原因の2つ目は、体温です。

雨などの影響もあり、1日の気温の変化が梅雨の時期は激しくなります。

その為、体温調節が難しくなり、自律神経が乱れやすくなるのです。

質の良い睡眠を得る為には、入眠時の体温なども重要なポイントなので、寝苦しくなる場合があります。

寝心地が悪くなる原因③寝具

梅雨に寝心地が悪くなる原因の3つ目は、寝具です。

使っている寝具や、お手入れ方法や頻度などによっては、寝心地が悪くなる原因になっている可能性があります。

梅雨の時期は、寝具の中にも湿気がこもりやすくなってしまいます。

その為、湿気を含んだ寝具で寝ていると、寝心地が悪くなる場合も。

季節に合わせた布団を使っていない場合も、湿度や気温の影響で寝心地が悪くなっている可能性があります。



梅雨に寝心地が悪い時の対策

対策①湿度の調節

梅雨に寝心地が悪い時の対策の1つ目は、湿度の調節です。

エアコンの除湿モードを使うことで、湿度を調節することができます。

湿度設定は、50~60%がおすすめになっています。

エアコンをつけっぱなしにしたくない方は、タイマー機能を使うのが良いでしょう。

対策②寝具の見直し・手入れ

梅雨に寝心地が悪い時の対策の2つ目は、寝具の見直しとお手入れです。

寝具は、色々な種類のモノがあり、梅雨の時期は特に湿気をため込まないモノがおすすめです。

どのような寝具を使っていても、お手入れをしないと湿気が溜まってしまいます。

その為、寝具の湿気を定期的に取り除く必要があるのです。

サーキュレーターなどを使って、湿気を飛ばすこともできるので、下記の記事を是非参考にしてみてください。

対策③除湿・換気




<除湿機はコチラ>

梅雨に寝心地が悪い時の対策の3つ目は、除湿と換気です。

除湿機などを使って、部屋の中の湿度を取り除く方法などがおすすめです。

しかし、音が気になって眠れない方などもいます。

その場合は、窓を開けて換気をすることで、空気を流すのが良いでしょう。

サーキュレーターなどを使うことで、空気の循環をスムーズに行うことができます。

対策④温度・体温




<アイスノンはコチラ>

梅雨に寝心地が悪い時の対策の4つ目は、温度と体温です。

部屋の温度を調整することで、寝苦しさを解消できる場合があります。

一般的に、27~28℃がおすすめです。

しかし、体温が上がっている時などは、それよりも低い温度の方が寝心地が良くなる場合があります。

体が熱く寝付けない場合などは、アイスノンなどのアイテムを使って首元を冷やすのも良いでしょう。

まとめ

今回のブログでは、梅雨に寝心地が悪い時の原因や対策を紹介していきました。

部屋の湿度や寝具だけでなく、眠る時の服なども通気性や放湿性が高いモノがおすすめです!

簡単に実践できる対策方法ばかりなので、是非試してみてくださいね。