寒い朝に起きられない原因は?すっきり目覚める方法!

寒い朝に起きられない原因は?すっきり目覚める方法!

季節が変わって気温が下がり始めると、寒くて布団から出られないなんて方も多いのではないでしょうか?

寒い朝が苦手で起きられない方は、原因を知っておくのがいいでしょう。

今回のブログでは、寒い朝に起きる方法だけでなく、目覚められない原因などを紹介していきます。

寒い朝に起きられない原因は?

寒い朝に起きられない原因は、季節や気温だけではないことをご存知でしょうか?

寒い朝に起きられない原因を紹介していきます。

寒い朝に起きられない原因①体温の低下

寒い朝に起きられない原因の1つは、体温の低下です。

季節に関係なく、人は眠る時に体の体温が下がります。

夏などと違って、冬は気温や室温も同じように下がってしまう為、体温が下がり過ぎてしまうことがあるのです。

体が目覚めるのに十分な体温まで達しないこともあり、それが原因で他の季節よりも起きられない状況になってしまいます。

寒い朝に起きられない原因②運動不足

寒い朝に起きられない原因の2つめは、運動不足です。

一般的に、寒い季節になると運動不足になる方が多いと言われています。

外が寒い為、必要以上に外出しないでおこうと考える方が多いです。

運動不足になることで、基礎代謝が低下してしまう為、より体温が下がって睡眠の質が落ちて起きられない原因になってしまいます。

寒い朝に起きられない原因③セロトニンの減少

寒い朝に起きられない原因の3つ目は、セロトニンの減少です。

セロトニンの分泌は、睡眠と深く結びついていて、これが減少してしまうと眠りの質が低下します。

脳の機能が低下すると言われていて、すっきりとした目覚めではなく、頭がぼーっとしてしまうのです。

寒い季節になると、日照時間が短くなるのでセロトニンの分泌量が減少すると言われています。

寒い朝にすっきり目覚める方法は?

寒い朝にすっきりと目覚める為には、色々な準備が必要です。

起きずらい寒い朝にすっきりと目覚める為の方法を紹介していきます。

寒い朝にすっきり目覚める方法①暖房器具を使う

寒い朝にすっきりと目覚める方法の1つは、暖房器具を使うことです。

暖房を一晩中使うのではなく、目覚める時間に部屋が温まるようにタイマーなどを利用するのがおすすめ。

起きる1時間前や30分前などに、オンタイマーをしておくことで室温が上がり目覚めやすくなります。

寒い朝にすっきり目覚める方法②明かりを取り入れる

寒い朝にすっきりと目覚める方法の2つめは、明かりを取り入れるです。

起きてすぐにカーテンを開けて、太陽の光などを多く浴びるのがおすすめになっています。

天気の悪い日や、まだ太陽が出てない時間などは、部屋の明かりをつけるだけで、目覚めやすくなるのでおすすめです。

寒い朝にすっきり目覚める方法③身体を温める

寒い朝にすっきりと目覚める方法の3つめは、身体を温めるです。

スープや白湯などを飲んで身体を温めることで、体温が上がってすっきりと目覚めることができます。

他にも、寝起きでストレッチなどをすることで、代謝を上げて体温を上げることができるのでおすすめです。

まとめ

今回のブログでは、寒い朝に起きられない原因とすっきりと目覚める方法を紹介していきました。

寒い朝でもすっきりと目覚める方法はたくさんあるので、是非試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Call Now Button