寝ても眠たい原因は?対策方法を紹介!

寝ても眠たい原因は?対策方法を紹介!

寝ても眠たい日が続いているという方は、多いのではないでしょうか?

十分な睡眠時間を取っているにも関わらず、眠たい場合は原因があるかもしれません。

寝ても眠たい時は、日中の仕事などに支障が出てしまう場合も……。

今回のブログでは、寝ても眠たい原因と対策方法を紹介していきます。

試しやすい対策方法などもあるので、是非チェックしてみてくださいね!

※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しています。

寝ても眠たい原因は?

寝ても眠たい原因①睡眠不足

寝ても眠たい原因の1つは、睡眠不足です。

とてもシンプルな原因ですが、睡眠不足や睡眠の質の低下が原因の場合があります。

人にはそれぞれ、平均的な睡眠時間がありますが、年齢や体調によって変化することがあるのです。

自分の適切な睡眠時間を判断するのは難しいですが、体調が悪い時などはしっかりと眠る必要があります。

他にも、女性の場合はホルモンバランスの周期などで、睡眠時間が変化している可能性も考えられます。

寝ても眠たい原因②アルコール・カフェイン

寝ても眠たい原因の2つ目は、アルコールやカフェインです。

アルコールやカフェインは、睡眠を浅くしてしまう場合があります。

適切な量や、飲んでいる時間などで、睡眠に影響を及ぼしている可能性が。

寝る前に、アルコールやカフェインを摂取している方は、控えるのが良いでしょう。

寝ても眠たい原因③睡眠環境

寝ても眠たい原因の3つ目は、睡眠環境です。

睡眠環境は、睡眠の質に直接関係があります。

寝る前のスマホや、テレビなどは睡眠の質を低下させる原因になってしまいます。

他にも、眠りが浅くなっている方などは、スマホの通知などで目が覚めてしまう場合も。

寝ても眠たい原因④季節

寝ても眠たい原因の4つ目は、季節です。

季節や気温などによって、睡眠時間が変化する場合があります。

特に、春などは寝ても眠たい日々が続くという方が多いです。

寝ても眠たい原因⑤病気

寝ても眠たい原因の5つ目は、病気です。

反復性過眠症や、過眠症など色々なモノがあります。

他にも、精神的なことが原因で、睡眠の質が低下して、寝ても眠たい状態が続いている場合も。

長期的に、寝ても眠たい状態が続いているのであれば、睡眠外来などを受診するのもおすすめです。

寝ても眠たい時の対策方法は?

対策方法①生活リズムの見直し

寝ても眠たい時の対策方法の1つは、生活リズムの見直しです。

しっかりと、毎日のリズムを作ることが何よりも大切になっています。

睡眠の時間だけでなく、食事やお風呂など、しっかりとリズムを守るのがおすすめです。

しっかりとルーティンを決めることで、睡眠の質がアップし、眠さが改善される場合があります。

対策方法②寝具の上で過ごす時間の見直し

寝ても眠たい時の対策方法の2つ目は、寝具の上で過ごす時間の見直しです。

寝具の上でダラダラ過ごしてしまうと、睡眠の質が低下してしまうのです。

日中に眠さを感じたからといって、寝具の上で過ごす時間が長くなると、翌日も寝ても眠たい状態が続きやすくなってしまいます。

誘惑に負けずに、寝る時以外は、寝具で過ごさないのがおすすめです。

対策方法③食生活の見直し

寝ても眠たい時の対策方法の3つ目は、食生活の見直しです。

食事の時間を一定にするのはもちろんですが、寝る前の食事は体に負担がかかります。

そのため、夜食や寝る前の食事は控え、しっかりと体全体を休めるようにしましょう。

最低でも3時間前までに、食事を済ませておくのがおすすめです。

対策方法④無理に寝ようとしない

寝ても眠たい時の対策方法の4つめは、無理に寝ようとしないことです。

2度寝などは、体に悪影響を及ぼす危険があります。

眠たいからといって、無理に寝ようとすることで、睡眠の質が低下する可能性が。

どうしても眠たい場合などは、15分程度の睡眠がおすすめです。

日中などに寝すぎてしまうと、本来の睡眠の質が保てない場合があります。

対策方法⑤起きる時間を決める

寝ても眠たい時の対策方法の5つ目は、起きる時間を決めることです。

睡眠は、寝る時間よりも起きる時間が決まっている方が良いといわれています。

遅く寝たから、遅く起きるという風にしてしまうと、睡眠の質が低下してしまうのです。

睡眠を取った時間が遅くても、決まった時間に起きるようにしましょう。

起きる時間を軸に、一日の生活リズムを作るのがおすすめです。

対策方法⑥睡眠環境の改善

寝ても眠たい時の対策方法の6つ目は、睡眠環境の改善です。

スマホなどが気になって眠れない方などは、アラームの時間に電源が入るようにするのが良いでしょう。

色々な機能があるので、少しの光や音で目が覚めないように、寝室に持ち込まないなどがおすすめです。

寝具の見直しなどが難しい場合は、布団や枕などを変えてみるのも良いでしょう。

しっかりと、自分にあった睡眠環境をつくることで、睡眠の質がアップする可能性があります。

対策方法⑦光を取り入れる

寝ても眠たい時の対策方法の7つ目は、光を取り入れることです。

しっかりと太陽の光を浴びることで、体の調子が整いやすくなります。

太陽の光は、睡眠に重要なセロトニンとも関係があります。

起きたらまず、太陽の光を浴びるという習慣をつけることで、睡眠の効果がアップする可能性も。

カーテンなどを開けっぱなしにして、太陽の光で目が覚めるようにするのもおすすめです。

天気の悪い日などは、電気などで代用するのが良いでしょう。

他にも、眠る前は部屋の照明を少し暗くしておくのも、効果的です。

セロトニンとは?幸せホルモンで睡眠の質アップ!

まとめ

今回のブログでは、寝ても眠たい時の原因と対策方法を紹介していきました。

起きる時間や食事など、簡単に調節できる対策方法もあるので、是非実践してみてください!