香害の症状と対策方法は?

香害の症状と対策方法は?

前回のブログでは、香害の原因などを紹介していきました。

日常生活で使っているあらゆるモノが、香害の原因になっています。

実際に化学物質過敏症や香害で、どのような症状が出るのかをご存知でしょうか?

今回のブログでは、香害の症状や対策方法などを紹介していきます。

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

香害の症状とは?

化学物質過敏症の一種でもある香害の症状は、たくさんあります。

人によって、症状の軽さや重さが違っていて、長引く期間なども異なっています。

香害の症状を紹介していきます。

香害の症状①粘膜刺激症状

香害の症状の1つ目は、粘膜刺激症状です。

主に、目のかゆみや鼻水やのどの痛みなどが中心になっています。

目のかゆみが重症化することで、結膜炎などになる場合も多いです。

人によっては、肌が荒れたり、蕁麻疹のようなモノが出る可能性があります。

香害の症状②自律神経症状

香害の症状の2つ目は、自律神経症状です。

自律神経症状は、頭痛や寒気などになっています。

熱などが出ることはないので、風邪などではなく、頭痛や寒気が続く場合が、化学物質過敏症の可能性もあります。

香害の症状③神経症状

香害の症状の3つ目は、神経症状です。

主な神経症状は、手の震えや麻痺などの症状が出ることがあります。

脱水症状などでも、手の震えなどが出る場合があるので、注意してください。

香害の症状④不定愁訴

香害の症状の4つ目は、不定愁訴(ふていしゅうそ)です。

不定愁訴は、他の人には伝わりにくい症状のことになっています。

主に、筋肉痛のような痛みや倦怠感などが多いです。

他にも、疲労感や関節痛なども、化学物質過敏症の不定愁訴の症状になっています。

香害の症状⑤下痢や嘔吐

香害の症状の5つ目は、下痢や嘔吐です。

化学物質過敏症が原因で、下痢が続くという方も多いです。

症状がひどい方などは、香害が原因で嘔吐する場合もあります。

香害の対策方法は?

≪無添加 全身シャンプー≫

香害は、たくさんの原因があります。

そのため、原因になっているモノ全てを避けることは、とても難しいです。

人によって、どの合成化学物質に反応しているのか?は、見分けるのがとても大変です。

香害の症状が出ている方は、無添加無香料のアイテムを使うことがおすすめです。

完全な無添加・無香料のアイテムは少ないですが、少しでも肌などに触れる化学物質を減らすのがいいでしょう。

夏などは、制汗剤や汗拭きシートなどにも注意してくださいね。

香害の原因になる日用品TOP5を紹介!

まとめ

今回のブログでは、香害の症状と対策方法を紹介していきました。

香害の症状は人それぞれになっているので、悪化や慢性的な症状にならない為にも、しっかりと対策を取ってくださいね。