眠れるだけじゃない?478呼吸法のやり方と効果を紹介!

眠れるだけじゃなくて、体にも色々な効果があると言われている478呼吸法を知っていますか?

478呼吸法は、眠れない時に試すことで、睡眠以外の効果もあるのです!

しかし、478呼吸法は正しいやり方や注意点を守る必要があります。

今回のブログでは、眠れるだけじゃない、478呼吸法のやり方と効果を紹介していきます!

※当ブログではアフィリエイトプログラムを利用しています。

眠れるだけじゃない478呼吸法の効果は?

眠れると噂の478呼吸法は、睡眠に効果があるだけではありません。

睡眠以外にも、478呼吸法には主に4つの効果があるので、紹介していきます!

478呼吸法の効果①自律神経が整う

478呼吸法は、自律神経を整える効果があります。

478呼吸法を行うことで、自律神経を担う重要な神経が刺激されるのです。

自律神経が刺激されることによって、体温や心拍数などが安定しやすくなります。

478呼吸法の効果②血液の循環が良くなる

478呼吸法の2つ目の効果は、血液の循環が良くなるというモノです。

正しく478呼吸法を行うことによって、血流を促進する効果があります。

478呼吸法は、横隔膜を使って行う為、適度に内臓が圧迫されて、血流が良くなるのです。

血液の循環が良くなることで、むくみや便秘や冷え性などの改善に効果があると言われています。

478呼吸法の効果③姿勢が良くなる

478呼吸法の3つ目の効果は、姿勢が良くなるというモノです。

正しい方法で478呼吸法を行うことで、横隔膜が動いて活発になり、体幹などにも影響がでます。

体幹が活発に活動することで、日常生活に必要な筋肉が使いやすくなり、綺麗な姿勢を保ちやすくなります。

肩こりや腰痛などに悩まされている方や、運動不足や長時間同じ体制でいることが多い方などは、特におすすめです。

478呼吸法の効果④リラックスできる

478呼吸法の4つ目の効果は、リラックスできるというモノです。

眠ろうと思っていても、気になることがあったり、イライラしていると眠れない場合がありますよね?

しかし、478呼吸法を使うことで、自律神経が整えられるだけでなく、リラックスする効果があります。

寝つきが悪い方などは、478呼吸法によってリラックスすることで、睡眠の質などがアップする可能性が高いです。

寝ても疲れが取れない時や、考え事をしている時などにも、効果があります。

478呼吸法のやり方

478呼吸法のやり方①

478呼吸法のやり方の1つ目は、寝転んだ状態でリラックスできる姿勢になってください。

リラックスしたら、舌の先を上の歯の裏面に触れさせて、歯を嚙み締めないようにします。

できるだけ楽な状態で、口から息を吐ききってください。

478呼吸法のやり方②

478呼吸法のやり方の2つ目は、1.2.3.4と心の中で数えながら、ゆっくりと鼻から息を吸います。

きちんと息を吐き切ってから、行うようにしてください。

できるだけリラックスできるように、静かに鼻から息を吸い込んでくださいね。

478呼吸法のやり方③

478呼吸法のやり方の3つ目は、鼻から吸い込んだ息をしっかりと、肺にとどめておいてください。

肺に息を留めたまま、しっかりと息を止めて7まで数えます。

しっかりと息を止めながら、酸素が全身に巡るように意識してくださいね。

478呼吸法のやり方④

478呼吸法のやり方の4つ目は、口からゆっくりと息を吐き切るです。

ゆっくりと、8まで数えながら、口から息を吐ききってくださいね。

「ふぅー」っと、吐き出すのを意識するのがおすすめです。

478呼吸法のやり方⑤

478呼吸法のやり方の5つ目は、①~④までの流れを繰り返すです。

4回を目途に、同じ動きを繰り返してみてくださいね。

478呼吸法のコツは?

色々な効果のある487呼吸法のコツは、一定のリズムで4・7・8と行う必要があります。

※478呼吸法は、眠る時だけでなく、日中に行うのもおすすめですが、1日4回までにしてください※

478呼吸法の効果をアップするコツは、行う前のストレッチやアロマなどになっています。

ストレッチやアロマなどを使用することで、更に478呼吸法の効果がアップしますよ!

他にも、部屋の中を暗くしたり、携帯などの使用を止めるのがおすすめです。

478呼吸法の注意点は?

478呼吸法の注意点は、何回もし過ぎないことです。

何回も478呼吸法を試してしまうと、呼吸が浅くなってめまいなどを引き起こす可能性があります。

万が一、478呼吸法を試して気分が悪くなった場合は、すぐに辞めてください。

1日に478呼吸法を行って良い回数は、4回までです。

日中にリラックスしたい場合なども、478呼吸法は有効ですが、やりすぎると眠れなくなってしまう場合もあります。

慣れていない方などは、眠る時にだけ478呼吸法を行うのが良いでしょう。

まとめ

今回のブログでは、478呼吸法の効果ややり方などを紹介していきました。

478呼吸法は、質の良い睡眠だけでなく、色々な効果があるので、正しい回数を正しいやり方で行ってくださいね。